鹿児島の弁護士による無料相談

相談の流れ | 鹿児島の弁護士無料相談 鹿児島あおぞら法律事務所

弁護士相談の流れ

鹿児島あおぞら法律事務所では、
弁護士との相談は,以下の1〜5の流れで行っています。
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

1 電話,メールで弁護士相談を予約する

電話での弁護士相談予約

099−295−6665まで
お気軽におかけください。
(電話受付時間 平日の9時〜18時
土日の連絡はこちらのメールフォーム
から。)

 

メールでの弁護士相談予約

こちらのメールフォームをクリックし、
必要事項を記入して送信してください。

 

なお、メールフォームが利用できない場合は、
aozoralaw@outlook.jpまで
下記内容を送信してください。(24時間365日受付)
@相談者様のお名前と電話番号
A弁護士相談希望日時
B簡単に相談内容を記載ください
(例:離婚,交通事故)。

 

土日のご連絡(弁護士相談予約)はメールでのみ対応しております。

 

初回は無料相談です。

 

どんな小さな相談でも結構です。
「こんな小さなことで弁護士相談してもいいのだろうか」と遠慮する必要はありません。
「弁護士に相談するほどのことではない」と思っていたら,
大きなトラブルにつながることもあります。
自己判断はせず,まずは専門家である弁護士にご相談ください。
(利害関係や事件の性質上、相談をお受けできないこともございます)

 

土日休日,電話による弁護士相談にも対応。
(事前予約必要。電話相談は鹿児島市外の方に限ります。)

2 弁護士相談日時の決定

電話またはメールにて,鹿児島あおぞら法律事務所から
折り返しご連絡の上で,弁護士との相談日時を決定いたします。
借金問題(債務整理)や刑事事件は平日、土日を問わず、相談予約いただいたその日にすぐ弁護士相談できるよう心掛けています。

3 弁護士相談日当日

鹿児島あおぞら事務所にお越しいただき,弁護士による法律相談を行います。
弁護士は親しみやすく,ときには笑いもおきる
ような和やかな雰囲気ですのでお気軽にお問い合わせください。
鹿児島あおぞら事務所までのアクセスはこちら

4 交渉や裁判を弁護士に委任(必要に応じて)

相談の中で,事件の見通し,手続き及び弁護士費用を十分に説明させていただき,
ご納得いただけた場合に,弁護士に交渉や裁判を委任する旨の契約書をとりかわします。
弁護士に委任するか迷っていらっしゃる場合、詳細な見積書(事件の見通しや弁護士費用)を作成し、弁護士相談終了時にお渡しいたします。
弁護士への委任を無理に勧めることはしませんのでご安心ください。
弁護士への委任後、打ち合わせは、ご希望に応じて電話やメールでのやり取りにも対応しています。打合せのたびに来所していただく必要はありません。

5 相談のみで終了

もちろん、相談のみで解決できる場合は,その日で終了です。

 

また,2回目以降の弁護士相談も可能です(2回目以降は原則有料)。
法テラスの相談援助要件に該当すれば,同一案件につき3回まで弁護士相談は無料です。

 

 

 

相談範囲

鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士の
主な得意分野(専門性のある強い分野)は以下のとおりです。

 

1.交通事故

 

2.債務整理

 

3.相続

 

4.離婚・男女問題

 

5.損害賠償請求

 

6.不動産問題

 

7.企業法務

 

その他事件

 

上記以外のお悩みも,お気軽にご相談ください。
鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士が,
あなたの心を「あおぞら」にするお手伝いをいたします。

法律相談、相手との交渉、裁判は弁護士にお任せください

弁護士と、司法書士・行政書士・税理士などその他の士業は、何が違うのでしょうか?

 

一番の違いは、
弁護士以外の士業は,裁判や交渉事件などについて
関与(代理)してはいけない
ということです
(簡易裁判所の事件に限り、簡裁代理権認定を得た司法書士であれば取扱可能です)。

 

もちろん,弁護士以外の士業だけでなく,資格を持たない一般の方も
裁判や交渉の代理人にはなれません。

 

このことは非弁行為として弁護士法72条で定められており,これを破った場合、
「2年以下の懲役または300万円以下の罰金」が課せられます。

 

非弁行為を禁止した理由は,
法律の専門的素養を試す司法試験に合格して研修を受けた弁護士だけが
法的紛争の解決に適しているのであって,
弁護士資格を持たない者が代理人として法律業務を行うと
依頼者がトラブルにあう危険性が高いからです。

 

もちろん,司法書士・行政書士・税理士などの他士業の先生が
弁護士より劣っているなどと言っているわけではありません。
税理士であれば税務申告等,司法書士であれば不動産登記申請等,
それぞれの専門分野を持ち,
その分野では弁護士よりも多くの知識や経験があり,
士業間に優劣があるわけではありません。
当事務所も,必要に応じて,他士業の先生方との連携を模索しています。
ただ,各士業の資格者は,法律で定まった範囲の業務においてのみ
報酬を取って業務を行っていいことになっているという当たり前の話です。

 

近年,弁護士以外の他士業や無資格者が代理人として法律業務を行うケースが増えており,
全国の弁護士会としても検察庁に告発するなどしてその対策を講じています。

 

弁護士以外の者に法律業務を委任すると,満足の行く解決ができなかったり,
不当に高額な費用を取られるなど,トラブルになります。

 

悩み事があれば,まずは弁護士に相談することをおすすめします。

 

敷居が高いと思われがちな弁護士ですが,
鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士相談は
親しみやすい弁護士による,初回無料相談ですので,お気軽にお越しください。

 

どんな小さな相談でも結構です!

 

解決例,評判,口コミはこちら

 

弁護士紹介はこちら

 

弁護士費用はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 得意分野 弁護士紹介 相談の流れ 皆様の声 弁護士費用 事務所案内