鹿児島の弁護士による無料相談

交通事故にあったら弁護士に相談を!

もし交通事故にあったらまずは弁護士に相談を!

鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士が、交通事故にあった場合の対処法について解説します。

 

あなたが不運にも交通事故にあってしまった場合,まずどうしますか?
「警察や保険会社に交通事故を連絡する」,「ケガをしていれば病院に行く。」ことと
同じくらい大切なことは,
事故が起きたら,できるだけ早く弁護士に相談する
ということです。

 

たしかに,弁護士であっても治療が終わって初めて損害額が計算できますし、弁護士相談は保険会社からの提案があってからでもいい気もします。

 

しかし,それでは遅いのです!
なぜなら,通院の回数や頻度があまりに少ない場合や,最初に訴えていたのとは違う傷害内容を後から主張した場合などは,交通事故との因果関係(つながり)がないと判断され,損害として認められないことがあるからです。
また,傷害慰謝料は、入通院日数や通院のペースにより幅はあるものの、金額について一定の相場があります。
入通院日数や頻度が少ない,または診断書に書かれた傷害内容が矛盾しているなどの事情があると,本来得られていたであろう保険金が減ってしまう恐れがあります。

 

そこで,事故直後の早い段階で、交通事故に詳しい弁護士に相談し,今どういった症状があるのか,どのような事故状況だったのかなどを聞いてもらい,今後どのような流れで損害賠償の手続きが進んでいくのか,どのくらいのペースで治療にいくべきか,治療の打ち切りを言われた場合どうすべきかなどについて弁護士から具体的助言をもらう必要があるのです。

 

なるべく早く弁護士に相談することで,「事故後どういう行動をとるべきか(または,とるべきではないか)」がわかり,不安な気持ちがやわらぎ、治療に専念できます。
また,その後に損害賠償(保険金)の金額で保険会社ともめたときも,弁護士としても状況を既に把握できているので,スムーズに保険会社との交渉に入ることができます。このことは事件が早期に解決することを意味するので,結局相談者の方にとってもよい効果だと言えます。
もちろん,適正な保険金を勝ち取るためにも,弁護士への早めの相談が不可欠なのは言うまでもありません。
交通事故にあったら,なるべく早く、交通事故に詳しい弁護士に相談するようにしてください。



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 得意分野 弁護士紹介 相談の流れ 皆様の声 弁護士費用 事務所案内