顧問・企業法務に強い鹿児島の弁護士

顧問・企業法務に強い弁護士法人なら鹿児島あおぞら法律事務所

鹿児島の企業法務・顧問に強い鹿児島の弁護士

顧問・企業法務に強い鹿児島の弁護士法人,
鹿児島あおぞら法律事務所

月額28,000円からの顧問契約プランをご提案いたします。

 

当事務所の顧問先会社の業種例
製造業、土木建築、イベントコンサルティング、
不動産業、美容外科クリニックその他。

 

「これまで弁護士の世話になったことはない」という会社,事業主様は多いでしょう。
しかし以下を踏まえて,顧問弁護士の必要性を考えてみられてはいかがでしょうか。

 

 

1 顧問弁護士は,企業ブランドを高めます

顧問弁護士の存在は,企業コンプライアンスを意識していることを、
対外的にアピールでき、企業ブランドを高めます。
顧問弁護士がいる企業と,いない企業,取引先はどちらを信用するでしょうか?

 

また,債権回収や契約書作成、労働問題、コンプライアンス等について、
リーガルチェック(法的精査)を受けることで,適切に行動でき、
企業利益の最大化が図れます。

2 顧問弁護士は,不当請求への牽制になります

取引先,債権者及び社員等に顧問弁護士の存在を明らかにすることで、
関係者からの不当請求の牽制になります。
取引先,債権者が違法,不当な請求をしてくるケースが散見されます。
不当な請求は,顧問弁護士がいることを知ればトーンダウンします。

 

3 顧問弁護士が重大トラブルを防ぎます

1つの重大アクシデントには29の軽微なアクシデントと300のニアミスがあります。
(ハインリッヒの法則)
これは企業コンプライアンスでも当てはまります。

 

トラブルのない段階から専門家である弁護士にチェックしてもらうことで、
重大トラブルを防止することができ,トータルの費用が抑えられます。
このような考え方は「予防法務」として,近時,特に注目されています。

 

顧問契約は大きなリターンがある保険です

弁護士との顧問契約は,いわば,交通事故の保険のようなものです。
社用車には月に何万円も保険料を払いますがリターンはありません。

 

これに対して、顧問弁護士は,車の保険料より低額な顧問料で、
上記3つの大きなリターンを得られます。

 

また,貴社に法務部を設置するコストと比較して頂ければ、
顧問契約の費用対効果の大きさがお分かりいただけるかと思います。

 

現在、顧問弁護士がいる場合でも、顧問の切り替えをご検討であれば、
ぜひ当事務所までご連絡ください。


鹿児島あおぞら法律事務所の顧問システムは?

鹿児島あおぞら法律事務所は
顧問プランを段階的に用意しています。
また,顧問契約は,双方からいつでも自由に解約できる形にしています。
まずは一度,お気軽にお試しください。

 

1 ライトプラン 月額 28000円(税別。以下同様) 

 @顧問弁護士名の対外的表示
 A相談は月2回まで無料
 B電話,メール,FAXによる相談も可能
 C相談優先枠(できる限り早い日時での相談をお入れします)
 D従業員,取引先等の関係者相談も可能
 E事件委任の費用を10%割引

 

2 スタンダードプラン 月額 38000円

 @顧問弁護士名の対外的表示 
 A相談は月3回まで無料
 B電話,メール,FAXによる相談可能
 C相談優先枠
 D従業員,取引先等の関係者相談も可能
 E事件委任の費用を15%割引 

 

3 プレミアムプラン 月額48000円

 @顧問弁護士名の対外的表示   
 A相談は月4回まで無料
 B電話,メール,FAXによる相談可能
 C相談優先枠,
 D従業員,取引先等の関係者相談も可能
 E事件委任の費用を20%割引

 

4 その他

上記プラン以外にも,貴社のご要望があれば,特別プランをご提案致します。


顧問・企業法務は弁護士に相談を

顧問・企業法務の弁護士相談は
TEL 099-295-6665(平日9〜18時)
または

(24時間)

 

代表弁護士は、鹿児島で弁護士14年。
平成27年度鹿児島県弁護士会副会長。
わかりやすい顧問・企業法務を目指します。

 

→弁護士紹介・事務所紹介 

 

→トップページ 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 得意分野 相談の流れ 弁護士紹介 弁護士費用 解決事例 弁護士ブログ