奨学金(育英会)を返済できない解決策を弁護士が説明

奨学金の返済ができないときの解決策は?|弁護士法人鹿児島あおぞら法律事務所

奨学金の返済ができなくなったときの解決策は?

奨学金(日本学生支援機構・育英会)の返済ができなくなったときの解決策はなんでしょうか。

 

結論から言えば,奨学金も借金である以上,弁護士に債務整理の相談をするべきです。
そして,任意整理(分割支払交渉)や破産,個人再生などの手続きを進める必要があります。

 

1 奨学金とは何か?

 

奨学金というとわかりづらいですが、これも金銭消費貸借契約と呼ばれる借金の一つです。

 

ですから、実際に借りた方(主債務者)や、保証人、連帯保証人の方は、もし返済が滞れば機構から支払いの督促を受けます。
それでも支払いが難しければ、裁判や支払督促を申し立てられ、最終的には預金や給与などの財産を差し押さえられる可能性があります。

 

したがって、返済が困難になった場合、早めに弁護士に相談されたほうが良いでしょう。

 

2 奨学金と通常の貸金の違い

 

通常の銀行やサラ金等からの借入と違い、奨学金を貸し付けている日本学生支援機構は独立行政法人、つまり公的な団体です。
ですから、例えば、元金やこれまでの利息を大幅に削減することはかなり難しいところです。
毎月の支払額をできるだけ減らし、将来利息のカットも含めて交渉をしていくというところが主な解決方法でしょう。

 

仮にほかにも借入先があるなどの理由で、返済自体がどうしても難しいということであれば、自己破産や個人再生などの債務免除手続きを取るほかありません。
手続によってメリットデメリットがあるので、とるべき手続の選択で迷った場合も、弁護士にご相談ください。

 

そのほか、奨学金債務は、通常の貸金と違って、時効の起算点(スタートライン)が分割金の各支払時期から個別に発生する、時効期間は5年ではなく10年である、などの特色があります。
ただし日本学生支援機構は時効についてきちんと管理していると思われ、時効にかからないように支払督促や裁判を提起しているようです。

 

次に、奨学金の保証人になっている方は、連帯保証人ではなく通常の保証人であれば「分別の利益」があるため、他の保証人との頭数により自分の負担分のみ支払義務を負います。

 

以上のように、奨学金債務は通常のサラ金、銀行からの借入と違って、解決方法や時効などの点で違いがあり、自分で対応するとうまくいかないケースも多々あります。

 

鹿児島あおぞら法律事務所は奨学金を含む借金問題の相談は無料です。
完全予約制、個室での相談、親しみやすい弁護士によるわかりやすい説明を心がけています。
メールまたは電話にて、お気軽にご連絡ください!

 

執筆者:鹿児島あおぞら法律事務所 弁護士 犬童正樹

 

無料相談予約は
TEL099-295-6665
または

 

→トップページ 

 

関連ブログ記事

借金の取り立てを止める解決法は?

 

借金が時効で消えるのはどういう場合?

 

借金が減らない理由と解決策は?

 

借金問題で絶対にしてはいけないこと

 

ギャンブルや浪費でも破産・免責される?

 

コロナで借金が返せない場合の解決策は?

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 得意分野 相談の流れ 弁護士紹介 弁護士費用 解決事例 弁護士ブログ